KIDLは、エントリーレベルの競技会を開催することにより、東京周辺の草の根のラグビー開発を支援するために設立されました。

いろいろな理由から、現在の組織によっては理想的には対応していないクラブもあります。 重点は、開発に適した速度で支援することです。

JRFUと地元の協会は全国の高等学校のための強力な競争の枠組みを提供するために優れています。このシステムは非常に優れた選手を生み出し、長い歴史を持ち、多くの選手にはラグビーのキャリアの「ピーク」を代表しています。既存の競争の枠組みを尊重しています。 しかし、そのような強く厳しい競技は、いくつかのチームにとって障壁となり得る。

チームは準備が整う前に競技に参戦します選択肢がなく、苦労しているからです。

インターナショナル・スクール・チーム、正規の日本のスクール・チーム、そして高校のクラブ・チームは、すべてKIDLによって代替案が提供されています。

現在、リーグは5チームが競っています。

リーグは、より多くのチームが参加できるようになることを願って構築されます。

新規および開発チームは、競争を楽しんで成長する機会を得るでしょう。

重点は、ゲームをプレイすることです - 利用可能なプレーヤー、ローンプレーヤーなどの数にフォーマットを適応させる - マッチとリーグの結果はそれほど重要ではありません。

十分に構築すれば、それが必要な場合には、より競争に焦点を当てた構造を組み込むことになります。

潜在的に他の競技に参加している学校チームもKIDLチームと一緒に試合を楽しむことができます。

招待されたゲストコーチが率いるオープンアクセス開発活動をリーグスケジュールに追加することが目的です。

9月下旬から3月の間に試合の大部分が行われることが予想されますが、チームが必要とするのはこの期間外になる可能性があります。